EV充電器

電気自動車の充電器設置工事なら
株式会社 武智電器商会へ

 

EV(電気自動車)需要の増加により
​自宅で充電設備設置のご依頼が増えております

​公共の充電スタンドだけで充電することも不可能ではありませんが、充電するのに時間もかかるEVは帰宅後に電気料金の安い夜間に自宅で充電するのがお勧めです。さらには自宅の太陽光発電電気を使用したり、V2Hといって充電された電気自動車の電気を家庭で使用することで家庭用蓄電池同様に蓄えることもできます。電気量に差はありますが上手く使えば電気代の節約になることもあります。

​お車の使用頻度ライフサイクルに合わせて最適なプランをご提案いたしますのでお気軽にご相談ください。

エコカーのイラスト
エコカー充電

充電器の種類

充電設備の基礎性能を知りましょう

電気自動車の充電器は大きく「普通充電設備」「急速充電設備」の2つに分けられ、さらに普通充電設備は100Vコンセントと200Vコンセント、200Vのポール型(自立スタンド型等)に分類できます。

電気自動車の充電
電気自動車の充電

設置場所別 おすすめ充電方式

経済産業省・国土交通省は、EVの充電設備は自宅である戸建て住宅やマンション・ビルなどプライベートな場所での利用(プライベート充電)と、公共施設や商業施設などのパブリックな場所での利用(パブリック充電)を想定しています。

プライベート充電

駐車場タイプ

充電方式

平置

戸建て

マンション

機械式

​(二段・多段方式)

平置・自走式

普通充電

※一般の方が自家用車の充電を行う場合は、普通充電をおすすめします。

充電時の注意事項

市販の延長ケーブルやドラム式リールは使えません

純正以外のケーブルやドラム式リールを使用すると、充電時に発熱して火災などの発生につながるおそれがあります。充電時は必ず電気自動車付属の純正ケーブルを使ってください。

既存の100Vコンセントは使えません

建物の外壁によくある抜止型の防水コンセントが駐車場付近に設置されている場合がありますが、このコンセントは充電に必要な電気容量が不足しているケースがほとんどです。容量が足りない場合はブレーカーが作動し、同一回路で使用している電気機器とともに停電になるので抜止型防水コンセントは使わないようにしましょう。

接地極が付いていないコンセントは使えません

接地極(アース刃受)が付いていないコンセントは、万一の漏電の際に人体を感電から護る仕組みがはたらかないため、電気自動車の充電には使用できません。

電気自動車充電器

対応車種一覧

・LEAF(日産自動車)

・プリウスPHV(トヨタ自動車)

・RAV4 PHV(トヨタ自動車)

・honda e(本田技研工業)

・i-MiEV(三菱自動車工業)

・MINICAB-MiEV(三菱自動車工業)

・アウトランダーPHEV (三菱自動車工業)

・テスラ